ディオゲネス・クラブ (diogenes club)-count on me[*blue-very label*]3trks.7インチ ((初回特典付)) (PRE-ORDER/ご予約品)

1,760円

購入数
ディオゲネス・クラブ (diogenes club)-count on me[*blue-very label*]3trks.7インチ 1,600円+税

アーティスト:ディオゲネス・クラブ (Diogenes Club)
タイトル:カウント・オン・ミー (Count On Me)
レーベル:*ブルーベリーレーベル* (*blue-very label*)
フォーマット:7インチ (7") アナログ盤
売価:1,600円+税
リリース日:2020年 11 月 上旬〜中旬 (当初より1ヶ月ほど延期となりました)

【限定特典】初回100枚限定で非売品の4曲入りCDRと、*ブルーベリーレーベル*ではお馴染みイラストレーターneeさんによる描き下ろしDiogenes Club 特製ポストカード付属します。こちらはなくなり次第終了となります。

東京のネオアコ・バンド The Laundries (ザ・ランドリーズ)のボーカリスト木村孝之と、オホーツクのネオアコ・ユニット Alvysinger (アルビーシンガー)小野剛志による清涼感溢れる極上デュオ Diogenes Club (ディオゲネス・クラブ)。 2019年リリースの当レーベル・コンピレーション 「blue-very pavilion」「natale ai mirtilli」の2作に参加し、2020年晩夏に満を持して単独リリース。A-1 リードトラック「count on me」は Wall of OrchidsやWondermints (Darian)辺りに憧憬を置きつつ、よりネオアコ寄りにシフトさせたサウンド。所謂ウォール・オブ・サウンドを少し意識した定位や音の重ね方にも凝った作り。続くB-1「Look For The Rainbow」は打って変わって初期Everything But The Girlに中期Jazz Butcher〜Max Eiderソロ作を彷彿とさせる展開のナンバー。B-2は最近復活アルバムもリリースした北欧のネオアコ・バンドGANGWAY「Out On The Rebound From Love」のカバー、瑞々しいギターの音色に伸びやかなボーカルが心地よい極上カバー。アナログ7インチでのリリースにつき、マスタリングはmicrostar 佐藤清喜氏を起用(B-2を除く) 。全面に押し出しつつも浮き出るような立体感を感じさせる最高のお仕事。ミックス・エンジニアはThe Laundries一連の作品やビックアーティストも手がけるShinpei Yamada氏(B-2を除く)、最強のタッグです。因みに7インチはアナログ用のマスタリング、デジタル・ダウンロードには44k/16bitでご用意、これらの聴き比べもお楽しみ下さい。

A-1 , count on me
B-1 , look for the rainbow
B-2 , out on the rebound from love

for fan.... the laundries , alvysinger , time capsules , thee windless gates, jazz butcher , max eider, the wind , wall of orchids ,gangway, darian, wondermints...etc

おすすめ商品