小林しの(Shino Kobayashi) The Wind Carries Scents Of Flowers[*blue-very label*]14trks.CD 直営店限定特典有

2,500円

購入数
小林しの(Shino Kobayashi) The Wind Carries Scents Of Flowers[*blue-very label*]14trks.CD 直営店限定特典有り

artist : 小林しの(Shino Kobayashi)
title : The Wind Carries Scents Of Flowers
label : *blue-very label*
cat no : blvd-043
format : CD + digital download code
price : 2,500 yen 税込み
release date : 2024/2/24
jan code : 4589636220151

【ディスクブルーベリー直販のみ特典 : Zine + 未発表音源CDR付き】

そよ風のような歌声が、花びらを運びながら空に響いた。 小林しの待望のセカンドアルバム『The Wind Carry Scent Of Flowers』
(帯コメントより) the Bookmarcs/The Sweet Onions 近藤健太郎

~Track List~
01, 青い夜を浮かべて
02, 金木犀の部屋
03, 風は花の香りを運ぶ
04, 星の色に似た海
05, 5メートルの永遠
06, かすみ草のように
07, milky pop song
08, 白い恋人
09, 人魚の夜
10, 海の底で
11, forget me not
12, 小さな夜
13, うさぎのウシャンカ
14, ライラックブライド



Total Producer : 高口大輔 (philia records) , 小林しの
Special Advisor : 近藤健太郎 (philia records)
Label Producer : 中村佳 (*blue-very label*)
Mastering : 小園兼一郎 (small garden studio)
Illustrations : 小林しの
Design & Photography : 荒澤文香


ギターポップファンの間で大きな話題となり、ロングセラーとなったシンガーソングライ ター“小林しの”の1stアルバム 『Looking for a key』(philia records/2016released)に続き、待ちに待った2ndアルバム『The Wind Carries Scents Of Flowers』が、ブルーベリーレーベルより2024年2月24日にリリースされる。

空気公団を輩出したCoa RecordsよりHarmony hatchとしてデビュー。その後、ソロに転身し、1stアルバムリリース後も 定期的なライブ、様々なアーティストとのコラボ、7インチアナログ、カセット、配信リリース、楽曲提供やイベント企画等、 精力的な活動を経て届いた、まさに待望のセカンドアルバムの誕生です。

「すべてのファンタジーポップファンに贈る」と謳った前作の世界観を踏襲しつつも、物語性のある歌詞はさらに深みを増 し、ネオアコ、ギターポップをベースとしたサウンドに加え、ロックやソフトロック、オーガニックなボサノバ、ドリームポッ プ等々、ますますヴァラエティに富んだ、光と影を感じるカラフルでモノトーンな楽曲達。

トータルプロデュースは高口大輔(the Sweet Onions/philia records)と小林しのが務め、参加アーティストには信頼できる ライブバンドメンバーに加え、渋谷系を代表するバンド、bridgeの元メンバー、イケミズマユミのソロユニットThree Berry Icecream、ボサノバ系ユニットSmall Gardenを主宰、マルチプレーヤー、エンジニアとしても名高い小園兼一郎(本作のマ スタリングも担当)、Trashcan Sinatrasとも共演したジャパニーズネオアコバンドThe Laundriesのギタリスト遠山幸生、 北海道の真性ネオアコ1人ユニット、alvysingerの小野剛志、元melting holidays、philia recordsのレーベルメイトでもある ポプリのササキアツシ、小林しのが在籍するバンドSnow Sheepのメンバーでもあり、phillia recordsを主宰するThe Bookmarcs/the Sweet Onionsの近藤健太郎、そしてHarmony hatchの盟友、宮腰智子の楽曲も収録と、実に多彩で煌めき に溢れた全14曲を収録した大充実のアルバム。

写真とデザインは、Snow Sheepの『White Album』、レーベル・オーナーkei nakamuraによる詩集『虚ろげな日々の断 片~Recueil de poèmes extrêmement privé~』、近藤健太郎の『Begin』(いずれもブルーベリーレーベル作品)を手掛 けたfumika arasawaが担当。楽曲に寄り添った、可憐で麗しい普遍的なデザインを楽しむことが出来る。

“小林しの”のピュアで豊かな感性が凝縮した今作は、光の粒子や水の戯れ、動物達の息遣い、出会いと別れ、喜びと悲しみ を表現した、自然や人々への賛歌とも言える。気高く生きる日々を彩る美しい音楽。鮮やかな音色とそよ風のような歌声が、 風と共にリスナーの元へ届きますように。

尚、本アルバムリリースを記念し前週 2/18 (日) にレコ発ライブを渋谷7th Floorで開催し、会場にて先行販売する。

※ 本製品のお取扱いご希望のショップ様は流通先 Vivid Sound(ヴィヴィッド・サウンド)様へお問合せ下さい。流通用特典有り