Bug's Lunchtime - Far Side Of The Pale Moon[Blue Lambretta Records] 12trks.CD 1,100円

1,100円

購入数
Bug's Lunchtime - Far Side Of The Pale Moon[Blue Lambretta Records] 12trks.CD 1,100円

Bug's Lunchtimeは、元Johnny Deeの下田剛が 101dalmatians 〜 Thee Windless Gatesの間(2005〜2007)に熊本で活動していたバンド。メンバー全員、90'UKロック〜ポストパンク系が好きで始めたバンドです。

Tsuyoshi Shimoda(g.vo)
Hiroshi Suetoh(b.vo)
Yasushi Nagasaka(dr)

2006に8曲入りCDR(Volume Contrast 1)を作成、ライブ2回行った後、活動休止。
今回、未発表トラック合わせ12曲をリミックス、リマスターし、「Far Side Of The Pale Moon」としてCDを自主制作しました。

Bright Side はポップ目の6曲 (活動後期)
Dark Side はロック色の強い6曲 (活動初期)



M-1「Ai No Eisei」はThee Windless GatesとJohnny Johnnyの間を行くギター・ポップ感が高くオススメ。M-2「Home」も歌モノ比率が高く、また両曲ともソングサイクルのキーボーディストが参加している事もあり彩りもあるポップ・フィーリング溢れるナンバー。90's UK ロック色押し出したナンバーも魅惑で、M-3の様な軽妙なスタイル「Foolish Valentine」、ハーモニカがリバプールのバンドを彷彿とさせる「All For You」などなど...。

1,2曲目は元ソングサイクルの中村圭一氏にキーボードで参加してもらってます。
スリーブデザインは、Alvysinger・小野剛志氏によるもの。