Sloppy Joe - Waiting For The Night Begins[fastcut]11trks.LP 3,000円+税 (PRE-ORDER/ご予約品)

3,300円

購入数
Sloppy Joe - Waiting For The Night Begins[fastcut]11trks.LP 3,000円+税

発売日 2020年7月2日(木)

東京を拠点に海外フェスへの出演等、現在もワールドワイドな活動を続けるジャパニーズ・ネオアコ・バンド、Sloppy Joe。 2006年ミニ・アルバム『Trying To Be Funny』、前作2012年1stフル・アルバム『With Kisses Four』に続く、約9年ぶりとなる待望の2ndフル・アルバム『Waiting For The Night Begins』がFastcut Recordsよりリリース!

80s ネオアコやインディー・ポップ直系のソングライティング&アレンジの楽曲を、巧みな演奏陣と艶やかでどこか哀愁を感じさせるヴォーカルが彩るネオアコ・サウンドという軸はそのままに、前作まではサポートだったトランペットの新メンバーが加入し、楽曲強度とクオリティも格段に上がった本作。

煌めき溢れたイントロのギターやトランペットの音色が胸を締め付ける珠玉のネオアコ・チューンにしてリード・トラックのA1「Lonely Tonight」、2013年に7"シングルとしてリリースされた人気曲B1「Once And For All」、哀愁漂うアダルトなムードのタイトル・トラックB3「Waiting For The Night Begins」など全11曲を収録した、インディー・ポップ〜ネオアコ史に残る新たな名盤が誕生しました。
B4「I’m a Little Concerned About You」は、テナーサックスで三橋俊哉 (WACK WACK RYTHM BAND)がサポート。

ミックス (一部楽曲を除く)とマスタリングを、佐藤清喜 (microstar)が担当。
アートワークはイラストレーターの服部あさ美による描き下ろし作品を使用、デザインはYuma Horiuchi (möscow çlub, SUPER VHS)が担当。

アナログ盤、ダウンロードコード付属。

For Fans of... Aztec Camera, The Go-betweens, The Hepburns, Happydeadmen, Northern Portrait, Orange Juice, The Pale Fountains, The Smiths etc…

■収録曲:
A1. Lonely Tonight
A2. In The Box
A3. My Turn
A4. Over The Candle Holder
A5. That Day
A6. Growing Pains
B1. Once And For All
B2. Different Ways
B3. Waiting For The Night Begins
B4. I’m a Little Concerned About You
B5. Nervous Smile

<Sloppy Joe>
80年代のインディーミュージックからの影響を昇華し活動を続けるバンド。
Indie Tracks 2011 (イギリス)、Baybeats 2013 (シンガポール)、Madridpopfest 2015 (スペイン) など海外フェスにも出演。

おすすめ商品