LAUREN DESBERG - OUT FOR DELIVERY [core port/hmv] LP

3,780円

LAUREN DESBERG - OUT FOR DELIVERY [core port/hmv] LP 3,500円+税

発売日 2019年8月7日(水)

販売価格 バークリー音楽院でグレッチェン・パーラトに師事し、そのグレッチェンがプロデュ―スした『Sideways』(2012)でデビュー。その後ポップ・ヒットを軽やかに解釈し、より幅広い音楽性をアピールした『21th Century Problems』(2015)、翌年にはブルーノート東京で初来日公演と、今後が注目されていたシンガー、ローレン・デスバーグの4年ぶり最新作「Out For Delivery」が待望のLP化!

ローレン・デスバーグのようなセンスを持ったUSのジャズミュージシャンは他にいない。ジャズとネオソウルやアンビエント的なR&Bなどの要素が融合しているのはよくある手法だが、彼女はそこにノスタルジックなジャズやポップスの雰囲気を加える。それはエイミー・ワインハウスが持っていたようなセピア色のヴィンテージ感だったり、ヴァレリー・カーターみたいな70年代風だったり、いろいろなものを想起させる。ジャジーだし、フォーキーだが、ソウルのフレイヴァ―もある。ただ、彼女の音楽はそう言ったものすべてを内包したポップソングなんだと思う。そこにはクリス・バワーズやブラクストン・クックが持ち込む最新のサウンドも組み込まれている。
Text 柳樂光隆 (Jazz The New Chapter)

試聴PV



SIDE-A
1. The Way You Feel Inside
2. Yes Unless
3. Come With Me
4. Something Wrong With Me
5. Hold On

SIDE-B
1. Falling Dominoes
2. Alone (In Love)
3. I’m Gonna Sit Right Down and Write Myself A Letter
4. Start Out Again
5. The Sweetest Sounds
6. How could I Have Pain
7. The Choice

■2017年CA パサディナ録音
プロデュース:ドリュー・オブザ・ドリュー
ローレン・デスバーグ(vo)
クリス・バワーズ(p)
ブラクストン・クック(sax)
ベンジャミン・J.シェパード(el.b)
ラッセル・ホール(b)
ジョナサン・バーバー(ds)
アンドリュー・レンフロー(g)

おすすめ商品

  • <img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />The Korova Milk Bar - Rain Girls & Gentle Girls[*blue-very label*]2trks.flexi+7trks.CDR (PRE-ORDER) The Korova Milk Bar - Rain Girls & Gentle Girls[*blue-very label*]2trks.flexi+7trks.CDR (PRE-ORDER)

    コロヴァ・ミルク・バーはJohnny Deeの前身バンド。メンバーはボーカル堤田、同じくジョニー・ディー鶴田、サイカゴーゴーの福田の三人組の英国風ギター・バンド。ゴダールの映画スリーブでカセットを2本?(50本限定)発売した。陰のあるギターフレーズと俯向き加減のボーカルスタイルという感じで、音はスミスとかジザメリな感じ。勿論グループ名は”時計仕掛け”から拝借。1988年前後に録音してた音源をこの度リマスタリングを施した上で再リリースとなります。

    1,296円