BANK/NUBACK - SPLIT CASSETTE[too young records]4trks.K7+CDR 特典:缶バッジ付き

1,080円

購入数
BANK/NUBACK - SPLIT CASSETTE[too young records]4trks.K7+CDR 特典: 缶バッジ付き 1,000円+税

Cruel (瀧見憲司主宰) より陽光降り注ぐサンシャイン・ネオアコを奏でていた元Arch 中村大がノアルイ鈴木望と二人中核メンバーとして2006年から活動しているBank。

ネオアコ〜ギター・ポップ的を更に(敢えてそう語る...) 進化させニューウェーブ、ディスコ、ファンク、シンセなど美味しいエッセンスを独自に解釈して構築された上質な作品。BANK...前作より更に無駄を削ぎ落とした隙間の美学さらに増しているよう。一方のNubackは中村大のソロユニットで、タイトル曲は夏向けの新曲。ギターに元Bridgeの大橋伸行が参加した。もう1曲はコンピ「Beat Is Fun Lessen 1」収録「Goodbye Summer Again」のリマスター・トラック♪ 同内容のCDR付きます。限定1000本販売 特典:缶バッジ付き


おすすめ商品

  • <img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />ART APGAR - WALKIN' ON FENCETOPS[sonshine/us]'78/10trks.LP w/Insert*edge wear/wos(vg++/ex+) ART APGAR - WALKIN' ON FENCETOPS[sonshine/us]'78/10trks.LP w/Insert*edge wear/wos(vg++/ex+)

    Kalapana〜ハワイアン・アコースティック・メロウ諸作に一歩も引けを取らない「Singin' Songs」がキメ!!転がるエレピがサビへ向かいギアチェンジをし疾走する「Walkin' on Fencetops」も良い。米レリジャス知られる裏極盤。ほんのりとサイケっぽさを薫らせたSSW調「Where Were The Friends?」、ネオアコ的なギターのフレーズが良い...

    7,990円