井上ほの花 (HONOKA INOUE) - ファースト・フライト (First Flight) [clink!]5trks.CD

1,944円

井上ほの花 (HONOKA INOUE) - ファースト・フライト (First Flight) [clink!]5tks.CD 税抜き価格:1,800 円
 
<ラグジュアリー歌謡 × クリンク レコード>シリーズ始動!
「素敵に飛び立ったね、ほの花のマジック……。」
“無果汁団”(ex. blue marble)プロデュースによる、最新型ラグジュアリーポップの決定盤、井上ほの花がファースト・フライト!
「2013年2月にディスクユニオンの出版部門DU BOOKSより刊行されたディスクガイド「ラグジュアリー歌謡 (((80s)))パーラー気分で楽しむ邦楽音盤ガイド538」。<ラグジュアリー歌謡 × Tower To The People>タワーレコードとの再発シリーズを経て、ラグジュアリー歌謡レーベル新録第一弾アーティストとして “無果汁団”(ex. blue marble)プロデュースによる、声優・井上喜久子の愛娘、井上ほの花『ファースト・フライト』をクリンク レコードとのコラボレーションにてリリース決定!!」

初回限定特典としてカード・カレンダーが付きます。詳細は特設会場(ココCLINK)にて数に限りがございます。



永遠の17歳、井上喜久子の愛娘・井上ほの花がCDデビュー!
2015年12月にアーケード版『太鼓の達人』のナムコオリジナルソング「恋幻想(Love Fantasy)」で歌手デビューを飾ったHONOKAこと井上ほの花、18歳。アニメやゲーム、洋画吹替等の声優業で活躍中の彼女が、満を持して5曲入りミニ・アルバム『ファースト・フライト』をリリース。プロデュースは「恋幻想(Love Fantasy)」を手掛けた、とんCHAN&ショック太郎による“無果汁団”(ex. blue marble)が担当。ミックスには80年代に斉藤由貴、南野陽子、渡辺満里奈など数々のラグジュアリー歌謡をマニピュレートしてきた森達彦(ハンマーレーベル)、マスタリングには星野みちるのサウンドプロデュース等でお馴染みの佐藤清喜(マイクロスター)を迎え、80’sカラフル・モダンな楽曲に、清涼感のある歌声がスパークリングした珠玉の作品に仕上がっています。また、アニメ『世界名作劇場』シリーズ主題歌を思い出さずにはいられない、母・井上喜久子との心温まる初デュエットソング「虹のファンタジア」を収録。懐かしさだけでは物足りない、そんな全ポップス愛好家へ贈る最新型ラグジュアリーポップの決定盤! 藤井陽一(ラグジュアリー歌謡)



【収録曲】
1.「月世界フライト」
ほの花さんの歌声に初めて出会った時、自分が子供の頃に観たリン・ミンメイのイメージと不思議と重なったんですね。人の心を平和にしてくれる歌声。宇宙の舞台でこの曲を歌う彼女を想像して楽しみながら作りました。

2.「スパークリング・チャイナタウン」
80年代歌謡曲のキラキラした感じを、皮肉も嘲笑もなく今の時代に繋げたいと思っていて。でも、ほの花さんの歌声こそが曲を最も現代的に変える力があるんですよ。縦横無尽に駆け抜ける可愛らしい歌声が魅力的です。

3.「虹のファンタジア」
お母様でもある井上喜久子さんとのデュエットソング。でも親子というより友情をテーマに、前向きで躍動感のある昔のミュージカルのような曲にしたかったんです。実際ふたりとも友達のように本当に仲が良いんですよ。

4.「幕間」
この曲のレコーディングの最初のテイクから、ほの花さんは自分から囁くような声でいきなり歌ったんですね。それこそ、まさにこの気怠い曲調にピッタリで本当に驚きました。ほの花さんの大人な一面をご堪能ください。

5.「わすれもの」
ド派手なイントロなど完全に昭和歌謡ですが、これはラグジュアリー歌謡の「歌謡」っていう部分に焦点を当てて作ってみた曲なんです。ほの花さんの歌の力量もあって、歌詞の純愛な世界観が更に伝わってくるようです。

■作詞・作曲・編曲:無果汁団/楽曲コメント:ショック太郎(無果汁団)


おすすめ商品