THE RENAISSANCE - BACHARACH BAROQUE[farmata/bra]'71/11trks.LP (vg+/vg+)

0円

THE RENAISSANCE - BACHARACH BAROQUE[farmata/bra]'71/11trks.LP (vg+/vg+)

バート・バカラックの楽曲をジャンピン・ジャックス並のダバダバ・スキャットでバロック・ジャズ(匿名性の高い恐らく名手のスタジオメンばかりと思われ)なアレンジで聴かせる好企画アルバム。急速調な『I'll Never Fall In Love Again』や『Always Something to Remind Me』、洒落たアレンジが光る『What The World Needs Now』や『Blue On Blue』、ドラマティックな『I Say a Little Prayer』、小西さんクラシック、驚異のダバダバ『Walk On By』、高速スイングに変貌を遂げた『Do You Know The Way to San Jose?』などなど・・・制作はあのSnuff Garrett + Al Cappsの仕業。珍しいブラジル盤。

おすすめ商品

  • <img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />ART APGAR - WALKIN' ON FENCETOPS[sonshine/us]'78/10trks.LP w/Insert*edge wear/wos(vg++/ex+) ART APGAR - WALKIN' ON FENCETOPS[sonshine/us]'78/10trks.LP w/Insert*edge wear/wos(vg++/ex+)

    Kalapana〜ハワイアン・アコースティック・メロウ諸作に一歩も引けを取らない「Singin' Songs」がキメ!!転がるエレピがサビへ向かいギアチェンジをし疾走する「Walkin' on Fencetops」も良い。米レリジャス知られる裏極盤。ほんのりとサイケっぽさを薫らせたSSW調「Where Were The Friends?」、ネオアコ的なギターのフレーズが良い...

    7,990円